第1次安倍内閣で農林水産大臣を務めた松岡利勝が疑惑を追及され、自殺した事件がありました。現職の閣僚の自殺は阿南惟幾陸軍大臣以来のことでした。阿南の場合は敗戦、大日本帝国の終焉という異常事態の中であり、同列に論じるべきかどうかは難しいです。
安倍晋三の自殺は有り得るだろうか。ヒットラーも最後は自殺したな。総理大臣の自殺は史上初になるのか?・・などと考えるうちに、そもそも「自殺」と「自然死」の間に本質的な違いはあるのだろうかと思い至りました。三島由紀夫はこの問題を「葉隠入門」で深く考察しています。人は自らの意志で誕生するわけではない以上、死も自ら選ぶことはできないのかもしれません。
「自」という漢字はミズカラとも読み、オノズカラとも読みます。森三樹三郎が書いていましたが、中国人はこの二つを区別してはいないそうです。訓読みだから当然なのですが。
安倍晋三は母方の祖父である岸信介のことばかり口にしますが、父方の祖父である安倍寛は反戦の政治家であり、なかなか興味深い人物のようです。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

検察庁法の問題を契機に、安倍政権打倒の輪がかつてない広がりを見せています。
週刊文春は「黒川検事長「定年延長」の裏に森友事件潰しが」と題する記事を載せています。

なぜこれほど反対の声が広がるのか? それはこの法案が、高齢化社会の中で誰もが反対しない「単なる定年引き上げ」に見せかけながら、裏には政権による「検察支配」の意図が見えるからだ。・・有名なリンカーンの演説「人民の、人民による、人民のための政治」をもじって言うなら、検察庁法改正案はまさに「安倍首相の、安倍首相による、検察支配のための法案」である。

検察OBたちも立ち上がりました。安倍晋三はまさに「朕は国家なり」と言ったルイ14世と同じ考えを持つ中世の亡霊です。
みんなで安倍晋三を刑務所に送りましょう。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

かつて後藤田正晴は「安倍晋三は、絶対に総理にしてはいけない男だ」と発言したと言われています。多くの日本国民も、ようやく彼の異常さ、危険さに気付き始めています。
新型コロナでデモや集会がしにくいのを良いことに、自分が過去に犯した多くの罪で逮捕されないための法律を通そうとしています。
三権分立は人類の知恵であり、権力は必ず腐敗する悪だという認識に基づいています。安倍晋三はかつて「私は立法府の長である」「私は森羅万象を担当する」などと発言したことから分かるように、自分を宇宙の支配者と思っているようです。実際には戦後の日本はアメリカの属国であり、彼には何の権力も無いのですが。
自民党にはネット工作部隊があり、偽りのネット世論を形成する役割を果たしています。彼らに騙されず、今の総理大臣の異常性を直視する必要があると思われます。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

↑このページのトップヘ