年末年始は休みは無いかもと思っていましたが、元日に某神社の初詣の警備をした後は休むことが出来ました。結果的にはお盆の時と同じようなパターンです。
仕事をもらっているので余り言えませんが、日本の不景気は救いようがない印象があります。必要も無い工事をしてごまかすしか無いのでしょうか。子供の数も減り、こんなに工事をして何になるのかという思いもあります。
時代の雰囲気というものは確かにあって、奈良時代には律令国家の建設に熱心だった日本人も平安時代に入ると消極的になり、外国に使者を送ることもなくなります。渤海国が滅びた後は完全に外交を放棄したような状況でした。
それでも島国なので済んでいましたが、ペリーの来航以後はそういうわけにいかず、不慣れな帝国や植民地支配でアジアの恨みを買い、今ではアメリカの属国に甘んじています。
自分の生い立ちを考えても不自然な点が多くあり、これからも不安だらけですが、ともかく前向きに進んで行こうと思います。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

今年から警備の仕事を始めましたが、年末年始は特に休みはありません。日曜日だけは休むので通常通りということです。
お盆の時も特に休みは取りませんでしたが、結局は仕事が無くて休みになりました。
考えてみると、旧暦では毎月3日は三日月、15日は満月というように、日付と月齢は必ず一致していました。今の西暦では毎月の日付には天文学的な意味はありません。また、1月1日も何の意味も無い日付になっています。
今日と明日の境目が午前0時に置かれていることに倣って考えると、今年と来年の境目は冬至に置くのが一番合理的と思われます。僅か十日ほどの違いですが、長年の慣れもあり、これを変えるのは相当な抵抗がありそうです。
クリスマスも過ぎ、これからいっそう寒くなりますが、日は長くなっていきます。日光と気温の季節変化のズレは日本で特に大きいですが、これは日本が海に囲まれた島国であり、水の比熱が大きいためです。水は温まりにくく冷えにくいのです。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

奈良時代に始まった日本と渤海の交流は平安時代の前期まで続きますが、926年に契丹が渤海を滅ぼしたことで終止符が打たれました。契丹は渤海の故地に「東丹国」という属国を作りました。戦前の日本が満州国を作り、アメリカが戦後の日本を作ったようなものです。
渤海が滅ぼされた3年後の929年、東丹国の使者が丹後国(京都府京丹後市)に到着しました。大使は璆(はいきゅう)と言い、渤海の大使として2度来日していた人物でした。朝廷は藤原雅量を丹後に派遣して事情を尋ねました。雅量は裴大使と親交があり、裴大使は気を許したのか、渤海国が契丹に滅ぼされたことを伝えただけでなく、契丹の残虐非道ぶりをも訴えました。朝廷は「二君に仕えたばかりか、新しい主人の悪口まで言うとは不義不忠である」として使者を追い返しました。
藤原雅量は裴大使に同情し、後に彼を回想した漢詩を残しています。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

↑このページのトップヘ