これは有名な曲ですね。競作で越路吹雪さんらの歌もありますが、トワ・エ・モワの曲は1970年11月5日、三島由紀夫が市ヶ谷で切腹する20日前に発売されました。それを思うと感慨深いものがあります。
子供の頃から知っていた曲ですが、何十年も間違って信じ込んでいたことがありました。この曲を作詞した「山口洋子」さんは、五木ひろしの「よこはま・たそがれ」「夜空」の作詞で有名な山口洋子さんとばかり思っていましたが、同姓同名の別人とのことです。ウィキペディアでは「山口洋子(詩人)」「山口洋子」として区別しています。
「よこはま・たそがれ」の山口洋子さんは女優志望を諦め、銀座で「姫」という店を経営していました。お客には作家も多く、三島由紀夫も客の一人でした。ホステスの中には1968年のミス・ユニバース・ジャパンだった飯野矢住代(いいの・やすよ)さんもいました。彼女はジャニーズ事務所のタレントだった時期もありましたが、1971年12月28日、風呂の空焚きと思われる火事を起こし、21歳の若さで焼死しました。後に『機動戦士ガンダム』の声優として有名になる池田秀一と同棲中だったようですが、彼は多くを語りたくないようです。飯野さんは「オリベゆり」というペンネームで、ザ・スパイダースの『なればいい』という面白い曲を作詞しています。作曲はかまやつ・ひろしです。
同姓同名と言えば、私の名前「ふぁーとぅーあんたれす」のもとになった曲『Too far away』(水越けいこ、谷村新司、堀内孝雄、やしきたかじん、安倍なつみなど。歌手によってタイトルや歌詞に多少の改変あり)を作詞・作曲した伊藤薫は、元チューリップのドラマーと間違われることがありますが、別人です。ウィキペディアでは「伊藤薫(作曲家)」「伊藤薫(ドラマー)」として区別しています。『Too far away』以外では『ラヴ・イズ・オーヴァー』が著名な作品です。
佐藤昭子さんも同姓同名の有名人がいます。本来は「佐藤昭(さとう・あき)」ですが、文藝春秋で児玉隆也の『淋しき越山会の女王』が出た後、マスコミで「佐藤昭、佐藤昭」と呼び捨てにされてお怒りになり、「レジスタンス」で改名されたとのことです。どうも不思議な理由で、今度は「佐藤昭子、佐藤昭子」と言われるだけだと思うのですが、ご本人の真意は別にあるのかもしれません。
佐藤昭さんと同じく田中角栄の秘書だった朝賀昭(あさが・あきら)氏は、読み方は違いますが佐藤さんの旧名と同名の男性で、田中角栄や佐藤さんを語った著書もあります。
お読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m

2018年8月27日 『ラヴ・イズ・オーヴァー』について追加。