『銀河鉄道999』の「サルガッソーの底なし沼」の冒頭に、次のような文章があります。

宇宙に生まれ出た生命体が上等も下等もひっくるめて等しくきらうものがある。牢獄という名の脱出不可能な囲いの中に入れられることだ。

最後の文章は次のようなものです。

意志さえあれば脱出できる地球という惑星に生まれた自分を、鉄郎はしあわせだと思う。牢獄のような世界を鉄郎はあちこちで見て来た。これからゆく所がそうでないことを今は願うだけだ。

私はこの話を読むと、若い頃に愛読したゲーテの『若きウェルテルの悩み』の次の文章と比べてみたくなるのです。(井上正蔵訳)

むかし、よくここに立って水の流れに見入ったものだが、そのとき水のゆくえを追いながら、ぼくはなんという不思議な予感をおぼえたことだろう。そして、この川の流れゆく先の国々を、どんなに冒険的(ロマンチック)に思い描いたことだろう。すぐにぼくの想像力は限界点に達してしまうのだったが(中略)ところが、きみ、あのすばらしい祖先たちは、あんなに制約を受けながら、あんなに幸福だったじゃないか! その感情、その詩歌のみずみずしさ! オデュッセウスが限りない海や果てしない大地について語るとき、その言葉はあくまでも真実で、人間的で、切実で、緊密で、神秘に満ちているのだ。いまさら、ぼくが小学生のまねをして、地球はまるい、などと言ってみたところで、それがなんの役に立つだろう。

私はコペルニクスやガリレオの業績を否定するものではありません。子供の頃は彼らの物語を感動の涙を流しながら読んだものです。しかし人間は本当に「意志さえあれば地球を脱出できる」のでしょうか。そもそも、なぜ地球を脱出したいと思うのでしょうか。
アインシュタインは一般相対性理論から導かれる「ブラックホール」の存在を予言しました。万有引力とは時空の曲がりです。地球ぐらいの引力では大したことはありませんが、想像を絶して重いか、または密度が高い星、たとえば地球ぐらいの重さで直径が1センチしかない星の周囲では時空が曲がりきって閉じてしまい、光も含めてどんな物質も外に脱出できなくなります。地球の33万倍も重い太陽ぐらいの重さだと、3キロメートル以内に縮めばブラックホールになります。全宇宙の重さを考えると300億光年でブラックホールになります。不思議なことに、これは人類が推定した宇宙のスケールとほぼ同じです。つまり、宇宙は巨大なブラックホールと考えることも出来るわけです。
お読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m