今年から警備の仕事を始めましたが、年末年始は特に休みはありません。日曜日だけは休むので通常通りということです。
お盆の時も特に休みは取りませんでしたが、結局は仕事が無くて休みになりました。
考えてみると、旧暦では毎月3日は三日月、15日は満月というように、日付と月齢は必ず一致していました。今の西暦では毎月の日付には天文学的な意味はありません。また、1月1日も何の意味も無い日付になっています。
今日と明日の境目が午前0時に置かれていることに倣って考えると、今年と来年の境目は冬至に置くのが一番合理的と思われます。僅か十日ほどの違いですが、長年の慣れもあり、これを変えるのは相当な抵抗がありそうです。
クリスマスも過ぎ、これからいっそう寒くなりますが、日は長くなっていきます。日光と気温の季節変化のズレは日本で特に大きいですが、これは日本が海に囲まれた島国であり、水の比熱が大きいためです。水は温まりにくく冷えにくいのです。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m