ゴールデンウィークは私の子供のころからありましたが、様変わりしたところもあります。いくつか挙げてみましょう。
4月29日は昭和の敗戦前は「天長節」敗戦後は「天皇誕生日」で、平成になって「みどりの日」になり、さらに「昭和の日」に変わりました。「みどりの日」が5月4日に移動しましたが、この意味はよく分かりません。平成の初めから「昭和の日」でも良かったと思いますが、11月3日の「文化の日」(敗戦前は「明治節」)は「明治の日」にならないようです。明治維新の美化に励んできたNHKは何か言い出してもよさそうですが。
今日は憲法記念日ですが、護憲派は「政治的」と言われてお上から睨まれるようですね。憲法自体が政治的存在ですし、改憲派のみが認められるのはまさに「政治的」です。
5月5日は本来は男の子の祝日ですが、なぜか男女共通の「こどもの日」だそうです。3月3日を「婦人の日」にする動きも昔ありましたが、立ち消えになりました。元日や七夕もそうですが、旧暦で祝われてきた行事を新暦で祝う不自然さは残ります。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m