カテゴリ: 日記

新型コロナが猛威をふるい、日本では日常が消えてゆく事態になってきています。
韓国や台湾では、国民を守ろうとする政権が適切な対策を行なったおかげで感染が収まってきたようですが、そうした意志を持たない政権が支配する日本では事態が悪化しています。
私は外食を利用する機会が多いのですが、店内の座席を減らすだけでは収まらず、テイクアウトだけにせざるを得ない状況になっています。
図書館が好きな私ですが、図書館に行けない日々が来るとは想像していませんでした。イベントの中止も相次いで、死活問題に直面する人々も増えています。
戦後日本の矛盾が一気に現れる状況になってきていると思います。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

東京オリンピックの延期後、コロナウィルスの感染者が増えてきました。もともと日本政府の発表は信用できませんが、イタリアなどのように人が多く死ぬ状態にはなっていないようです。
コロナの感染は国によってばらつきが多く、ウィルスの変異があるのかもしれません。生物兵器説も含めて発生源も分からないままです。
私の周辺でも、実家の近くに住んでいた叔父が亡くなりましたが、死因は聞いていません。前から疎遠で、私は葬式にも行きませんでした。
叔父と父の関係は微妙で、私の人生にも影響を与えています。私が彼らの価値観に影響され、あまり行きたくもないのに大学の文系に行かされたことを恨んだこともありました。人から見ると私の経歴で警備員をやっているのは不思議に見えるようです。自分では特に違和感はありません。
このブログもいつまで続くか分かりませんが、よろしくお願いします。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

年末年始は休みは無いかもと思っていましたが、元日に某神社の初詣の警備をした後は休むことが出来ました。結果的にはお盆の時と同じようなパターンです。
仕事をもらっているので余り言えませんが、日本の不景気は救いようがない印象があります。必要も無い工事をしてごまかすしか無いのでしょうか。子供の数も減り、こんなに工事をして何になるのかという思いもあります。
時代の雰囲気というものは確かにあって、奈良時代には律令国家の建設に熱心だった日本人も平安時代に入ると消極的になり、外国に使者を送ることもなくなります。渤海国が滅びた後は完全に外交を放棄したような状況でした。
それでも島国なので済んでいましたが、ペリーの来航以後はそういうわけにいかず、不慣れな帝国や植民地支配でアジアの恨みを買い、今ではアメリカの属国に甘んじています。
自分の生い立ちを考えても不自然な点が多くあり、これからも不安だらけですが、ともかく前向きに進んで行こうと思います。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

今年から警備の仕事を始めましたが、年末年始は特に休みはありません。日曜日だけは休むので通常通りということです。
お盆の時も特に休みは取りませんでしたが、結局は仕事が無くて休みになりました。
考えてみると、旧暦では毎月3日は三日月、15日は満月というように、日付と月齢は必ず一致していました。今の西暦では毎月の日付には天文学的な意味はありません。また、1月1日も何の意味も無い日付になっています。
今日と明日の境目が午前0時に置かれていることに倣って考えると、今年と来年の境目は冬至に置くのが一番合理的と思われます。僅か十日ほどの違いですが、長年の慣れもあり、これを変えるのは相当な抵抗がありそうです。
クリスマスも過ぎ、これからいっそう寒くなりますが、日は長くなっていきます。日光と気温の季節変化のズレは日本で特に大きいですが、これは日本が海に囲まれた島国であり、水の比熱が大きいためです。水は温まりにくく冷えにくいのです。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

ソフトウェアのアップデートがあり、容量制限が危なくなりました。念のため、月末、もしくは来月初めまでお休みします。また元気にお会いしたいものです。

↑このページのトップヘ