カテゴリ: エッセイ

コロナは第二波の兆しを見せています。日常はいつ戻ってくるのでしょうか。それとも、もう戻らないのでしょうか。
マスクを付ける生活にも、慣れてしまいそうで怖いです。もちろんコロナに感染する方が遥かに怖いことは確かですが。
この事態は明らかに非人間的です。他人との接触を怖れるようになっては「人間」とは言えないでしょう。
考えてみると、コロナウィルス騒ぎは近代の資本主義の極限のように思えるのです。資本主義は人間を「個人」に分断し、家族も国家も崩壊させるものだからです。
安倍晋三のような末期的な総理大臣が出て、日本の国家が崩壊寸前になっているのも、第二次世界大戦の敗北のためだけではないでしょう。資本主義の大金持ちたちはあらゆる国家を敵視しています。日本を軍事占領しているアメリカも、彼らの仕掛けた暴動に苦しんでいます。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

私は子供の頃、天文学者になりたいと思っていた時期があり、天文宇宙検定1級の資格を持っていますが、今は特別な関心はありません。やはりアポロの月旅行が宣伝され、日本でも多くの宇宙アニメが放送されていた影響だったと思われます。
宇宙に興味を持つことは気宇壮大になるなど良い面もありますが、悪くすると身近なことへの関心をなくし、狂気をもたらす危険もあります。アポロについてはアメリカ合衆国による詐欺だった可能性もあり、今後も検証が必要です。
『豊饒の海』第1巻の『春の雪』三十三で清顕、本多、ジャオ・ピー、クリッサダが見上げた星空は今も広がり、この地上を見下ろしています。

それは正しく琴だった! かれらは槽の中へまぎれ込んだ四粒の砂であり、そこは果てしのない闇の世界であったが、槽の外には光りかがやく世界があって、竜角から雲角まで十三弦の弦が張られ、たとしえもなく白い指が来てこれに触れると、星の悠々たる運行の音楽が、琴をとどろかして、底の四粒の砂をゆすぶるのだった。

お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

忘れていた「アベノゴミマスク」が今頃になって私のアパートにも届きました。正直に言って、とても付ける気になりません。
「アベノゴミマスク」は製造元もはっきりしない上に、当初からゴミや虫の混入が相次ぎました。でも、安倍晋三が付けているマスクだけは特別に清潔にしてあるのでしょうね。
もっとも「特別定額給付金」はしっかり受け取りました。お金にはゴミは付着していませんし、安倍個人からもらうお金でもありませんので。貧乏人には貴重な収入です。
今は検察を応援して、安倍晋三が一刻も早く逮捕されることを願っています。安倍は右翼でも愛国者でもなく、右翼のふりをしている極左過激派です。
安倍の後任にはかつての田中角栄のように、人間の情を持ち、グローバリストよりも国民を重んじる人物が就いてほしいです。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

学校の世界史の授業では「アメリカ独立戦争」を教えますが、これは必ずしも正しい表現ではありません。少なくとも始まりの段階では戦争ではなく、イギリス帝国に対する反乱でした。ジョージ・ワシントンも当初は反乱の指導者であり、ジョージ・ブッシュ・ジュニアの言葉を借りれば「テロリスト」でありました。
現代のアメリカ帝国は独立の精神を忘れ、かつてのイギリス帝国以上に醜悪な存在と化しています。日本国に名ばかりの独立を与えて事実上の植民地支配を続け、日本国民をマインド・コントロールしながら、吸血鬼のように搾取を行なっています。
1932年に満州事変によって成立した満州国は「五族協和」のスローガンとは裏腹に大日本帝国の属国であり、自力で日本の関東軍を排除することが出来ないまま、最後はソ連軍の侵入で滅び、中国に併合されました。戦後の日本国は満州国にとてもよく似ています。日本は満州と同じ末路を辿ってよいのでしょうか。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

第1次安倍内閣で農林水産大臣を務めた松岡利勝が疑惑を追及され、自殺した事件がありました。現職の閣僚の自殺は阿南惟幾陸軍大臣以来のことでした。阿南の場合は敗戦、大日本帝国の終焉という異常事態の中であり、同列に論じるべきかどうかは難しいです。
安倍晋三の自殺は有り得るだろうか。ヒットラーも最後は自殺したな。総理大臣の自殺は史上初になるのか?・・などと考えるうちに、そもそも「自殺」と「自然死」の間に本質的な違いはあるのだろうかと思い至りました。三島由紀夫はこの問題を「葉隠入門」で深く考察しています。人は自らの意志で誕生するわけではない以上、死も自ら選ぶことはできないのかもしれません。
「自」という漢字はミズカラとも読み、オノズカラとも読みます。森三樹三郎が書いていましたが、中国人はこの二つを区別してはいないそうです。訓読みだから当然なのですが。
安倍晋三は母方の祖父である岸信介のことばかり口にしますが、父方の祖父である安倍寛は反戦の政治家であり、なかなか興味深い人物のようです。
お読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

↑このページのトップヘ